今週の為替相場展望

ここでは、「今週の為替相場展望」 に関する記事を紹介しています。
今週1月18日-22日週の為替相場は、根強いリスク回避の円高継続と反動的な揺り戻しの円安、ユーロやスイス・フランなどの下げ止まりの持続性をにらんだ展開が続く。

ドル/円の週足テクニカルでは、一目均衡表チャートで基準線120.68円前後、転換線120.07円前後を完全に割り込んでいる。

こうした節目ラインを下回っている限りは、直近ドル安値116.07円前後、115.00円前後の節目、雲の下限113.69円前後などがドルの下値メドとして意識されやすい。

前週は中国発の世界減速懸念や中国株や人民元を巡る混乱、中国の政策不信、米国の経済指標悪化などが重なり、世界株安とリスク回避の円高が激化した。

過去2年も1月は、米国株の下落主導による円高が観測された経緯がある。

背景には1月からに米国企業の決算発表に対する警戒感や、決算発表の前後での自社株買い停止などがある。

今年も米国株市場では、11日から決算発表が本格化してきた。

過去2年は決算発表が一段落してくる2月上旬まで米国の株安と円高(ドル安など)が続いており、日本でも当面は株安と円高のリスクが警戒されやすい。

今週の注目は、まず19日の中国経済指標。

改めて深刻な減速が確認されることで、日本でも株安とリスク回避の円高の深化、あるいは豪ドル、NZドル、カナダ・ドルといった資源国通貨の続落が警戒されやすい。

もっとも中国指標の悪化は、中国での政策期待を高めていく。

さらに懸念ほどの悪化でなければ、過度な悲観論の一服を促す。

今週は日本株や円高、原油安といったリスク回避相場の「過熱修正」による巻き戻しも常に注視される。

今週の注目材料の一つは、21日のECB理事会。

ECBは当面の追加緩和見送りと様子見の観測が高まっており、ユーロの買い戻しを支援しやすい。

ユーロと連動性の高いスイス・フランについても、下支え要因となるものだ。

ユーロは投機的なショート(売り持ち)ポジションが、高水準で残存している。

リスク回避によるポジション手仕舞いの局面では、ユーロの買い戻し圧力がかかる。

欧州に関しては、難民対策のほか、テロ対策による治安対策、対テロ戦争での国防強化などにより、財政出動も散見されている。

昨年までの緊縮財政、超金融緩和、ユーロ安というポリシーミックスが変容されており、ユーロの安定化要因となるものだ。

欧州での財政出動やユーロの安定化については、日本にとっても中国発の世界減速やリスク回避の円高のなか、数少ないプラス材料として注目されやすい。

一方、日本に関しては、28-29日の日銀金融政策決定会合が注目されそうだ。

追加金融緩和の可能性が現実化してくると、日本での株安・円高に歯止めが掛かる余地がある。

政府・日銀は現在、民間企業に対し、2-3月の春闘に向けて賃上げを強く要請している。

その直前に円高・株安が続くと、中国懸念などとあいまって、賃上げの広がりが抑えられてしまう。

すでに前週にはトヨタの春闘で、賃上げ交渉の前提水準が前年実績を下回ることが明らかになった。

2017年4月からの消費税再増税を控えて、政府・日銀は日本経済の回復力の弱さを懸念している。

今後は「再増税に耐え得る前提の基礎体力強化」に向け、政府・日銀が円高・株安阻止を含めた景気対策を強化させる可能性が注視されそうだ。

政治的にも7月にかけては参院線、あるいは衆参ダブル選が予定されている。

このまま円高・株安が続くと、「アベノミクスは失敗」という烙印が押され、与党が敗北するリスクもはらんでいる。

そうなると未曾有の財政赤字の拡大や、日銀による大量の国債買い占め、公的年金による株式保有拡大、急速な少子高齢化と人口減少といった問題を抱えている日本経済は、一層の迷走危機に入り込むリスクが警戒される。


経済指標・イベント解説(時間は全て日本時間。予定・未定を含む)

<18日・月>
09:00 日銀全国支店長会議
09:30 黒田日銀総裁、挨拶
15:15 宮野谷日銀大阪支店長、記者会見
17:20 日銀名古屋、札幌、福岡支店長、記者会見
(円高・株安の加速などを受けた追加緩和への微妙な地ならし焦点)
[米国]キング牧師生誕記念日で休場
(薄商いの中で値が飛びやすい乱高下相場が持続も)

<19日・火>
11:00 中国10-12月期GDP統計、12月小売売上高、鉱工業生産
(低迷警戒も、指標悪化の場合は政策具体化焦点に。12月の輸出と輸入は懸念ほど悪化せず)
18:30 英12月消費者物価指数
(資源下落などで下振れ警戒。ただし、前週の英中銀会合では懸念ほどの低インフレ警戒は見られず)
19:00 独1月ZEW景況感指数
(中国発の世界減速などが重石。資源安やユーロ安効果、難民対策での財政出動による底堅さも注目)
21:00 トルコ中銀 政策金利発表
(トルコ・リラは根強い下落圧力と自律反発の行方をにらむ)
21:00 カーニー英中銀総裁、金融政策について講演
(前週の英中銀会合は、予想ほどの利上げ遅延姿勢は見られず)
24:00 米1月NAHB住宅市場指数
(米国の指標は悪化傾向。暖冬や金利上昇の抑制などが下支えも)
国際通貨基金[IMF]、世界経済見通し公表
(下方修正がリスク回避の株安・原油安・円高を助長も。ただし、悪化の織り込みも進む)
米企業決算 バンク・オブ・アメリカ、モルガン・スタンレー、IBMなど
(減益警戒も織り込み進捗。懸念ほど悪化しない場合は、過剰悲観一服で米株高と円安にも)

<20日・水>
06:45 NZ10-12月期消費者物価指数
(通貨安効果などで下げ渋りなら、NZドルの自律反発を支援)
18:30 英12月雇用統計
(年末商戦やポンド安、利上げ観測後退、欧州経済の復調などが下支えも)
22:30 米12月住宅着工件数
(先行指標である建設許可件数は、11月に6月以降で最多となっていた。暖冬も支援)
22:30 米12月消費者物価指数
(前週末の生産者物価指数は低迷となり、米債金利の低下とドル安を後押しさせた)
24:00 カナダ中銀、政策金利発表
(産油国のカナダは原油安が重石。景気やインフレ判断が慎重なら、カナダ・ドルを圧迫)
24:30 EIA週間石油在庫統計
(原油輸出の始動などで、少しでも在庫減なら原油下げ止まりとリスク選好の円安を支援)

<21日・木>
21:45 欧州中央銀行[ECB]金融政策発表
22:30 ドラギECB総裁、記者記者会見
(当面の様子見がユーロ反発を支援。インフレ見通しの下方修正などが単発的なユーロ安材料にも)
22:30 米1月フィラデルフィア連銀景況指数
22:30 米新規失業保険申請件数
(米国の最新指標は悪化傾向。少しでも改善なら、ポジティブに反応しやすい地合い)
米企業決算 ベライゾン・コミュニケーションズ、アメリカン・エキスプレス[アメックス]など
(減益警戒も織り込み進捗。懸念ほど悪化しない場合は、過剰悲観一服で米株高と円安にも)

<22日・金>
17:30 独1月製造業/非製造業PMI[速報]
18:00 欧州中央銀行[ECB]専門家調査公表
18:00 ユーロ圏1月製造業/非製造業/総合PMI[速報]
(中国発の世界減速などが重石。資源安やユーロ安効果、難民対策での財政出動による底堅さも注目)
18:30 英12月小売売上高
(年末商戦やポンド安、利上げ観測後退、欧州経済の復調などが下支えも)
22:30 加11月小売売上高
22:30 加12月消費者物価指数
(産油国のカナダは、原油相場の下落が重石)
23:45 米1月製造業PMI[速報]
24:00 米12月中古住宅販売件数
24:00 米12月景気先行指数
(米国の指標は悪化傾向。ただし、住宅はローン新規制による混乱一服などがプラス要因にも)


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mydreamtoday2002.blog38.fc2.com/tb.php/1558-93f50477
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック