今週の為替相場展望

ここでは、「今週の為替相場展望」 に関する記事を紹介しています。
今週11月16日-20日週の為替相場は、ドル下値固めとユーロや資源国通貨(豪ドル、NZドル、カナダ・ドルなど)の戻り売り圧力から派生する円高圧力との綱引き持続が想定される。

ドル/円の週足テクニカルでは、26週移動平均線122.22円前後、一目均衡表の基準線120.97円前後、転換線120.84円前後などが下値サポートラインとして意識されるだろう。

各ラインなどを下値メドとした下値固めと、緩やかな下限切り上がりトレンドの定着が焦点となる。

雲の上限は来年2月にかけて、122.40円方向への右肩上がりを維持したままだ。

今週明けは、まず16日の日本の7-9月期GDPが注目される。

2期連続のマイナス成長が懸念されており、実際に悪化となれば一時的にリスク回避の株安・円高材料となる。

しかし、その後は日銀の追加緩和期待など、景気対策の思惑がリスク回避を抑制。

懸念ほど悪化しないケースを含めて、根強い日本株の押し目買いと円の戻り売り(ドル、ポンドなどの押し目買い)優勢の地合いが再確認される可能性がある。

今週の注目は、米FRBによる12月利上げ後の金融政策スタンス。

すでに12月利上げは織り込まれつつあり、今週の経済指標やFRB幹部の講演、18日のFOMC議事録などで、来年にかけての利上げスケジュールや利上げ幅を見極める展開となる。

12月の利上げ後、しばらくは様子見の姿勢が示唆されると、調整ドル安が警戒されやすい。

反対に緩慢なペースながらも、来年後半にかけての利上げ継続が意識されると、ドル/円などで「ドルが下がれば買い」という押し目買い地合いが支援される。

同時に今週はECBによる12月「追加量的緩和」の確率や手段、規模などを吟味する展開が続く。

すでにユーロ安が先行進展しており、今週の欧州経済指標が持ち直したり、前週に続いてECB幹部の意見が割れるようであれば、過度なユーロ安は抑制。

ユーロは戻り売り圧力と、ポジション調整的なユーロ買い戻しが交錯するジグザグ相場が想定されるだろう。

また、今週は18-19日に日銀の金融政策決定会合が予定されている。

日銀は12月の米FRBによる利上げ観測を受けたドル高・円安地合いなどもあり、当面は追加金融緩和を温存させる構えだ。

19日の結果発表や総裁会見などで、改めて早期の緩和期待が後退すると、短期的には失望円高を招くリスクをはらむ。

もっとも円に関しては、19日の日本の10月貿易収支で「中国発の世界減速」などを受けた輸出の低迷が確認される可能性が高い。

日本の経常黒字は4-9月の年度上期に持ち直したが、今後は海外現地法人の売上減少などを受けた所得収支黒字の頭打ちや、輸出再減速などにより、経常黒字の再減少が警戒される。

貿易赤字の再拡大や経常黒字の頭打ちは、為替相場での底流トレンドに影響を及ぼす為替需給面で円高圧力を後退させていく。

かたやドルに関しては、年末の年越えに向けた各国金融機関のドル需要が高まるなか、日本や欧州、中国などの新興国で、米利上げ観測などもあって、「ドル調達難」の資金逼迫に直面してきた。

流動性の面でのドル不足が、年末にかけてのドルの下支え要因となりやい。

さらに米国企業の年末決算に向けて、海外収益の本国ドル送金(ドル転)がドルを下支えする可能性がある。

裏表でユーロや資源国通貨の戻り売り圧力は続くものの、ポンドは来年の利上げ観測などで打たれ強さを見せており、全体としてリスク回避の円高が抑制される可能性がある。


経済指標・イベント解説(時間は全て日本時間。予定・未定を含む)

<16日・月>
08:50 日7-9月期GDP統計[一次速報]
(2期連続マイナスなら日銀緩和期待などが円安支援。小幅プラスの場合は政策期待後退も)
17:30 コンスタンシオECB副総裁、講演
19:15 ドラギECB総裁、講演[マドリッド]
(12月追加緩和へのスタンス焦点。最近はECBメンバー内で微妙な温度差)
22:30 加9月製造業出荷
23:00 加10月中古住宅販売件数
(カナダ・ドルの短期的な自律反発と根強い戻り売りをにらむ)
22:30 米11月ニューヨーク連銀製造業景況指数
(過度な中国減速懸念の一服や利上げ織り込み進捗、年末商戦期待などが下支え)

<17日・火>
09:30 豪中銀、理事会議事要旨
(追加利下げが示唆されると、豪ドルの戻り売り圧力が持続)
18:30 英10月消費者物価指数、小売物価指数
(資源下げ渋りや住宅改善などが物価の下落抑制。ポンドを下支え)
19:00 独11月ZEW景況感指数
(VW不正問題が重石。中国減速一服やECB緩和期待などが過度な下振れを抑制も)
22:30 米10月消費者物価指数
(前週の生産者物価指数は下振れしたが、市場の12月利上げ予想は大きく変化せず)
23:15 米10月鉱工業生産
(原油安一服や自動車生産の良好さなどが下支え要因に)
24:00 米11月NAHB住宅市場指数
(雇用改善や利上げ前の駆け込み需要などがプラス材料)
26:35 パウエルFRB理事、講演
29:30 タルーロFRB理事、シャドー・バンキングについて講演
(12月の利上げ後の政策スタンスやドル高への警戒度合いに注目が集まる)

<18日・水>
06:30 デベル豪中銀総裁補、講演
09:30 豪7-9月期賃金コスト指数
(前週は雇用指標が改善。追加利利下げの行方が焦点に)
14:00 日銀政策委員会・金融政策決定会合[19日まで]
(緩和見送りによる失望円高と、先行きの緩和余地示唆による円高抑制をにらむ)
22:00 ロックハート・アトランタ連銀総裁、講演[NY]
22:00 ダドリーNY連銀総裁、メスター・クリーブランド連銀総裁、ロックハート・アトランタ連銀総裁がパネル討論に出席
26:00 カプラン・ダラス連銀総裁、大学主催イベントで講義
(12月の利上げ後の政策スタンスやドル高への警戒度合いに注目が集まる)
22:30 米10月住宅着工件数
(先行指標の許可件数は前月に3月以来の低水準。雇用や賃金の改善は過度な下振れ抑制)
24:30 EIA週間石油在庫統計
(前集までは在庫増で原油安。在庫調整の行方にらむ)
28:00 FOMC議事録公表[10月27−28日会合分]
(12月利上げの示唆がドル下支え。想定ほど利上げ前のめりでなければ、調整ドル安にも)

<19日・木>
08:50 日10月貿易収支[通関統計]
(中国減速などによる赤字警戒。中長期スパンの為替需給で円高抑制)
09:00 日銀政策委員会・金融政策決定会合[終了後直ちに結果発表]
15:30 黒田日銀総裁、記者会見
(緩和見送りによる失望円高と、先行きの緩和余地示唆による円高抑制をにらむ)
17:00 クーレECB理事、講演[フランクフルト]
17:30 プラートECB理事、講演[フランクフルト]
21:30 ECB議事要旨[10月22日分]
(12月追加緩和へのスタンス焦点。最近はECBメンバー内で微妙な温度差)
18:30 英10月小売売上高
(住宅市場の改善やラグビーW杯の特需などが下支え)
22:30 米11月フィラデルフィア連銀景況指数
22:30 米新規失業保険申請件数
(過度な中国減速懸念の一服や利上げ織り込み進捗、年末商戦期待などが過度な悪化を抑制)
26:30 ロックハート・アトランタ連銀総裁、講演
(12月の利上げ後の政策スタンスやドル高への警戒度合いに注目が集まる)
時間未定 南ア中銀 政策金利発表
(南アフリカ・ランドは資源下落による続落と、短期的な自律反発が焦点に)

<20日・金>
17:00 トルコ11月消費者信頼感
(トルコ・リラは売られ過ぎ修正の自律反発「持続性」にらむ)
17:00 ドラギECB総裁講演[フランクフルト]
17:15 クーレECB理事、講演[フランクフルト]
19:00 プラートECB理事、講演[フランクフルト]
22:00 コンスタンシオECB副総裁、講演[フランクフルト]
(12月追加緩和へのスタンス焦点。最近はECBメンバー内で微妙な温度差)
22:30 加9月小売売上高
22:30 加10月消費者物価指数
(カナダ・ドルの短期的な自律反発と根強い戻り売りをにらむ)
23:00 ブラード・セントルイス連銀総裁、米国経済について講演
(12月の利上げ後の政策スタンスやドル高への警戒度合いに注目が集まる)


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mydreamtoday2002.blog38.fc2.com/tb.php/1552-d42d71ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック