日本株週間展望

ここでは、「日本株週間展望」 に関する記事を紹介しています。
9月2週(7-11日)の日本株は下値を固める展開となりそうだ。

中国経済の動向、米国利上げ時期の不透明感から世界的な市場混乱への警戒は根強く、ボラティリティは引き続き高くなる見通し。

ただ、日本企業の業績安定感やガバナンス改革への評価で国内個人や年金資金は下値を買っており、相場全般を支える。

第1週の日経平均株価 は7%安の17,792.16円と4週続落。

2月以来の安値に沈むと同時に、週間下落率は2014年4月以来の大きさだった。

中国の製造業関連統計の低調などを背景に世界経済の先行き懸念がくすぶる中、海外勢を中心としたリスク資産圧縮の動きが続き、週末には為替市場で対ユーロを中心に円高が進んだことも嫌気された。

東証が3日に公表したデータによると、海外投資家 は8月月間で現物株を1兆1582億円売り越し、売越額は昨年1月以来の大きさに膨らんだ。

一方、個人や投資信託のほか、年金基金の動きを含む信託銀行 は買い越し。

国内勢が下値を買う要因の1つは、国内企業業績への安心感。

このほかの売買材料は、国内で8日に4-6月期国内総生産(GDP)の改定値と8月の景気ウオッチャー調査、11日に7-9月期法人企業景気予測調査が公表予定で、先物・オプション9月限の特別清算値(SQ)算出も11日にある。

3、4両日が祝日休場だった中国上海市場の取引が再開し、週前半は先物や中国株動向に左右されそうだ。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mydreamtoday2002.blog38.fc2.com/tb.php/1531-06a83098
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック