日本株週間展望

ここでは、「日本株週間展望」 に関する記事を紹介しています。
9月1週(8月31日-9月4日)の日本株相場は乱高下しながら徐々に下値を切り上げる展開となりそうだ。

中国が追加の財政政策を打ち出すとの期待は根強いうえ、米国経済も堅調な統計が見込まれる。

日本株の割安感は目立つとの声も聞かれる。

ただ、米国統計が軟調な場合は世界景気に対する懸念が再燃する可能性がある。

8月第4週の日経平均株価 は週間で1.5%安の19,136.32円と3週続落。

中国に端を発した世界経済への不安から24日に2013年6月13日以来の下落率を記録、その後26日にはことし最大の上昇率と記録的な乱高下となった。

米当局者の発言により米国は9月に利上げを行わないとの見方が広がったことや、4-6月期の米実質国内総生産(GDP)が上方修正されたことが後半の戻りを促した。

中国人民銀行が25日に政策金利と預金準備率を引き下げた中国については、大規模な公共投資などさらなる政策が発表されるとの期待が根強い。

米国から良好な経済指標が発表される期待もある。

TOPIXの予想PER は15倍。

世界経済に対する過度な懸念が後退する中、割安感から特に年金資金や個人投資家の買いが入るとの見方が強い。

第1週の投資材料は、中国では1日に8月の製造業、非製造業購買担当者指数(PMI)が発表される。

米国では、1日に7月の建設支出と8月のISM製造業景況指数、2日に7月の製造業受注指数、米地区連銀経済報告(ベージュブック)、4日に8月の雇用統計の発表が予定されている。

国内では、31日に7月の鉱工業生産、3日に8月の日経日本PMIサービス業が発表される。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mydreamtoday2002.blog38.fc2.com/tb.php/1529-649ca35c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック