日本株週間展望

ここでは、「日本株週間展望」 に関する記事を紹介しています。
8月第4週(24-28日)の日本株は下値を固める展開となりそうだ。

世界景気や米国の金融政策に対する不透明感から上値は重いものの、中国経済の減速に対する警戒は政策期待からいったん峠を越えると予想される。

海外環境が落ち着けば、日本の良好な企業業績に対する評価から見直し買いが入る可能性がある。

第3週の日経平均株価 は週間で5.3%安の19,435.83円と、2週連続で下落。

週間ベースの下落率は2014年4月2週(7.3%)以来となり、日経平均は3カ月半ぶりの安値水準となった。

8月の中国製造業購買担当者指数(PMI)速報値が市場予想を下回るなど海外景気への懸念が払しょくできず、世界的にリスク資産を回避する動きが強まったことが響いた。

もっとも、中国では景気や株価への懸念が強まるとともに、相場支援など対策への期待感も高まりやすい。

投資家の見方が悲観に振れ過ぎているだけに、足元では反動も出やすいとみられる。

第4週は米国で25日に7月の新築住宅販売、26日に耐久財受注、27日に4-6月期国内総生産(GDP)改定値などが予定されているが、利上げ時期をめぐって様子見ムードは強そうだ。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mydreamtoday2002.blog38.fc2.com/tb.php/1527-0eddb45c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック