日本株週間展望

ここでは、「日本株週間展望」 に関する記事を紹介しています。
8月3週(17-21日)の日本株は、日経平均株価 が2万円台半ばで一進一退となりそうだ。

4-6月期の実質国内総生産(GDP)が3四半期ぶりにマイナス成長となる見込みで、マクロ経済の足元の暗さが意識されやすい。

半面、日本企業の収益は上向いており、株価収益率(PER)は海外に比べ評価余地を残す。

第2週の日経平均は週間で1%安の20,519.45円と3週ぶりに反落。

11日には一時20,946円と6月に付けた日中の年初来高値(20,952円)に迫ったが、その後は中国の人民元切り下げを受け厳しい同国経済の現状を警戒、国際原油市況の下落も嫌気され、安くなった。

人民元の中心レートは11-13日に3日連続で引き下げられた後、14日は元高方向へわずかに引き上げられ、過度な不安心理は和らぎつつある。

17日に日本の4-6月期GDPが発表される。

市場予想 は前期比年率でマイナス1.8%の見通し。

前四半期はプラス3.9%だった。

外需が弱く、内需は設備投資や住宅投資で消費税増税後の反発トレンドが確認されるものの、民間消費のマイナスが足を引っ張りそうだ。

米国も、早ければ9月に実施される利上げ後の経済、金融市場の不透明感から米S&P500種株価指数 は5月高値以降に停滞。

中国や商品市場の動向とも合わせ、リスク資産に積極的に資金が流れにくい状況。

ただ、東証1部企業の4-6月期(第1四半期)決算は前年同期比3割の経常増益と順調に通過し、日経平均の予想PER は16倍台と米S&P500の17.6倍を下回っている。

このほかの投資材料は、国内で19日に7月の貿易収支や訪日外客数、米国では18日に7月の住宅着工件数、20日に景気先行総合指数などがある。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mydreamtoday2002.blog38.fc2.com/tb.php/1525-2728ec07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック