日本株週間展望

ここでは、「日本株週間展望」 に関する記事を紹介しています。
8月2週(10-14日)の日本株は堅調が予想される。

国内の企業業績に対する楽観的な見方が根強く、直近で円安方向に振れる為替動向もプラスに働きそうだ。

一方、減速感を強める中国など世界経済の先行き不安はくすぶり、上値を抑える可能性がある。

第1週の日経平均株価 は週間で0.7%高の20,724.56円と続伸した。

中国の需要鈍化や原油の供給過剰感から国際商品市況が軟調に推移していることを受け、週前半は下落。

一方、発表が相次いだ国内決算では明治ホールディングスや鹿島、ダイキン工業など評価される企業が増え、後半3日は上げた。

TOPIXは6日の取引で6月に付けた日中の年初来高値を更新、一時約8年ぶりの水準に達した。

主要上場企業の四半期決算発表はほぼ一巡した。

東証1部の3月決算企業(金融除く)の4-6月期(第1四半期)は、発表済み企業75%の段階で前年同期比5.2%増収、経常利益は31%増だった。

増益率への寄与度は電力・ガスが大きく、輸送用機器、電機も貢献した。

9.9%増益の通期計画に対する進捗(しんちょく)率は経常利益で27.9%と、2005年度以降の平均23.4%を上回っている。

直近の日経平均予想PER は16.5倍で、4月時の18倍に比べ低い。

第2週の投資材料は、国内で10日に7月の景気ウオッチャー調査、11日に工作機械受注、13日に6月の機械受注があり、週末14日は株価指数オプション8月限の特別清算値(SQ)算出となる。

米国では13日に7月の小売売上高、14日に7月の鉱工業生産、中国では12日に7月の小売売上高と工業生産、固定資産投資が公表予定。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mydreamtoday2002.blog38.fc2.com/tb.php/1523-40a4fccb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック