日本株週間展望

ここでは、「日本株週間展望」 に関する記事を紹介しています。
8月第1週(3-7日)の日本株相場は、上昇が予想される。

米国経済の回復基調が確認されることや為替の円安傾向、国内企業業績の改善から見直し買いの動きが強まりそうだ。

7月5週の日経平均株価 は、週間で0.2%高の20,585.24円と反発した。

米国の低調な企業決算や国内でファナックなど失望決算が相次ぎ、週前半は売りが先行。

後半は、連邦公開市場委員会(FOMC)の見解や4-6月期国内総生産(GDP)を通じ米経済の成長加速を確認し、国内好決算の増加もあり、持ち直した。

米国では3日に7月の米供給管理協会(ISM)製造業景況指数 、5日にISM非製造業景況指数、7日に雇用統計などが予定される。

市場予想は、ISM製造業が53.5(前月53.5)、非製造業が56.3(56.0)、雇用統計における非農業部門雇用者数の伸びは22.5万人(22.3万人)。

総じて堅調な結果が見込まれる。

一方、国内では6-7日に日本銀行の金融政策決定会合が予定され、上場企業の決算発表も続く。

7日は415社と、発表社数ベースで後半のピーク日となる。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mydreamtoday2002.blog38.fc2.com/tb.php/1521-457ba1c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック