日本株週間展望

ここでは、「日本株週間展望」 に関する記事を紹介しています。
4月第2週(6-10日)の日本株相場は、値固めの展開になりそうだ。

米利上げ時期をめぐる不透明感で買い進む環境にはない一方、国内景気についての市場参加者の期待感は根強く株価を下支えする。

米リッチモンド連銀総裁は、政策金利を6月に上げるべきだとの認識を3月末に示し、日経平均株価 は1日にほぼ3週間ぶりに19,000円を一時割り込んだ。

米政策の行方は引き続き株価の重しになる。

同時に日本の景気や新年度入り後の新たな資金配分についての市場参加者の期待は小さくない。

第2週には日本銀行の金融政策決定会合が8日まであり、黒田東彦総裁が会見する。

エコノミスト調査によると、年内の追加緩和予想が根強い一方、3割超のエコノミストが追加緩和なしと予想している。

8日には3月の景気ウオッチャー調査も発表される。

米国では6日に3月のISM非製造業景況指数が発表される。

需給面でも先物を中心とした買いで2月中旬以降の日本株上昇を引っ張った海外投資家が売りに転じている。

現物株では3月4週に7週ぶりに売り越し、売越額は1000億円以上だった。

海外勢は日経225先物とTOPIX先物(ミニ含む)合計では2128億円売り越した。

テクニカル指標上では東証1部の上昇・下落銘柄数の百分比を示す騰落レシオ が1日に96%まで低下し、2カ月ぶりに「強気相場」とされる100%超の水準を割り込むまで調整が進んだ。

第1週の日経平均株価は週間で0.8%高の19,435.08円と反発。

日銀が1日発表した企業短期経済観測調査(短観、3月調査)で大企業・製造業DIは横ばいにとどまった上、米国の早期利上げ観測が一時拡大した。

週前半は安かったが、為替相場の安定もあり上昇に転じて新年度は堅調なスタートになった。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mydreamtoday2002.blog38.fc2.com/tb.php/1491-cbd03d1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック